税理士の仕事

税理士の仕事は多くが税金に関する専門的な知識を使った仕事です。
その代表的なものが税務業務で、税金に関する専門的な知識がないと正しく行なうことができないため、税金に関する資格を持っている人しか行なうことの出来ない独占業務です。
税務業務で最も多いのが税務代行業で、納税者に代わって税金に関する手続きを行なうものです。
税金に関する手続きは本人でも行なうことが出来るのですが、非常にややこしい手続きが多いため、手間をなくし、なおかつ手続きで損をしないように税理士に依頼する人が多いのです。
個人の方でも税務業務を依頼する人は多いため、税金に関して何か悩みを抱えているのであれば、まずは税理士に相談してみるといいでしょう。

税理士の仕事は税金に関するものだけだと思っている人もたくさんいますが、実際には違います。
税理士は税務業務以外にも、会社の経営をアドバイスする経営コンサルティングや、会社の決算書を代行して作成する仕事なども行なっているのです。
こういった税務業務以外の仕事は税理士でなくても行なうことが出来るのですが、税理士が特に質の良い業務を行なってくれるため、依頼者が後を絶たないのです。
税理士は税務業務を行なう際に、会社の経営状況を書類で確認したり、税金に関する相談を受ける上で経営の仕方を聞き取りしたりと、様々な会社の経営に関する情報を手に入れる機会があります。
そのため、会社の経営に対して非常に質の高いアドバイスを行なうことが出来るのです。
このように税理士は税務業務でなくても様々な相談に乗ってくれるため、会社の経営で行き詰まったら相談するようにしましょう。